京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 生活環境科学科目群
京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン学科

建築業界で専門技術者として活躍する人材育成を目指す「住環境・建築コース」
卒業後は建築設計事務所や住宅メーカーはもちろんのこと、建設、建築設備、建材関連企業などへ就職!

一般構造学(1回生後期)

建築とは、どのような造形であっても構造体や仕上げ材によって物的に構築されています。つくられる方法、性能、構成について理解することは建築の理解にとって極めて基礎的で重要な知識となります。本講義の特徴は、構造計画は建築デザインを特徴付ける一つのツールであるとして捉えている点です。そのため基礎的知識に加え、多くの写真、ビデオ、図版を用いながら建築デザインと構造計画を体系的に解説し、力学的合理性を形態に対して直感的に理解できるバランス感覚である力感の修得を目標としています。

学生の声
この授業では、計算系の構造ではなく、特徴的な空間や建築を生み出す構造フレームのデザインについて、力の流れなど基礎的なことから学びます。授業では沢山の建築作品が紹介され、デザインへの興味がさらに沸きます。

環境デザイン実習(1~3回生)

環境デザイン学科の基幹科目と言える実習です。
まず建築製図や模型制作などの基礎技術を習得し、そのつぎに設計課題が始まります。各々が自分で構想し、設計し、図面や模型で表現します。1課題の期間は1~2ヶ月、頭と手を動かし、それなりの時間と手間をかけなければ完成しません。
課題内容は様々で、住宅やオフィスなど小さなもの、図書館や福祉施設など中規模のもの、さらに小学校や美術館など大規模なもの、あるいはインテリアやランドスケープに関するデザイン課題をおこないます。最後に講評会が開かれ、批評を受けることで、自分の考えを整理し関連する事柄を学びます。
環境デザイン学科ならではの充実した時間と経験が得られる科目です。

学生の声
自分で構想し、設計を進めていくことは、とても楽しく、また苦しくもあります。多様な設計課題を通して、考えることと手を動かすことの両面が鍛えられます。環境デザイン学科の特徴ある魅力的な授業だと思います。

フィールドワーク(各学年)

環境デザイン学科では、学外での実習や演習を重視しています。ご存じの通り、京都市内や京都府下には歴史的・文化的な遺産が多くあります。そんな京都で学びたいと考える方も多いことでしょう。教養科目である「環境共生教育実習」をはじめ、環境デザイン学科の専門科目、さらには卒業研究を通して、歴史的・文化的環境を生きたテキストとし、これらに直に接し調べる事で、豊かな生活環境の保全と創造、デザインについて学びます。

学生の声
教室の中での講義だけでなく、京都を教科書として、自分の足で、目で確認しながら住まいや町の成り立ちやその伝統を学んでいます。
京都の魅力は、 バスや自転車で気軽に世界遺産や国宝の建造物、歴史的町並みを見に行くことが出来ることです。この授業ではそのおもしろさを体感できます。

topへ戻る

クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します
住環境・建築コース 紹介ページへ クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します
生活デザイン・ランドスケープコース 紹介ページへ クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します クリックすると写真を拡大して表示します ※3印の環境デザイン実習ⅣAとⅤAの4単位および※1印の科目2単位以上、※2印の科目2単位以上、※4印の科目6単位以上、※5印の科目4単位以上、※6印の科目6単位以上、※7印の科目4単位以上、※8印の科目2単位以上を取得しなければならない。

topへ戻る

主な職種

  • 建築技術者
  • 建築士
  • 測量士
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー
  • インテリアデザイナー
  • 土地家屋調査士
  • 不動産鑑定士
  • 土木系研究者
  • 土木系技術者
  • 官公庁勤務

主な就職先

  • 竹中工務店
  • 積水ハウス
  • 大和ハウス
  • 清水建設
  • 住友林業
  • 大建工業
  • 野口建設
  • 大阪ガス
  • 京都府、京都市、神戸市等の官公庁(建築技術職・文化財保護分野等)
  • アトリエ系設計事務所

主な進学先 (各大学の大学院)

  • 京都府立大学
  • 京都大学
  • 大阪大学
  • 神戸大学
  • 東北大学
  • 京都工芸繊維大学
  • 金沢大学
  • 筑波大学
  • 東京大学
  • 名古屋市立大学
  • 横浜国立大学
  • 留学など
  • 一級・二級建築士
  • 建築設備士
  • 中学・高校教諭 など
  • インテリアコーディネーター
  • インテリアプランナー など

※本学科で用意された認定科目を習得した上で卒業すると、修得単位数に応じて、卒業後直ちに二級建築士の受験資格が、また2年間の実務経験を経た後に一級建築士の受験資格が、それぞれ得られます。また、必要な単位を習得し卒業後2年間の実務経験を積むとインテリアプランナーの登録資格を取得できます。

topへ戻る

地域貢献型特別支援(ACTR)
学校への空調導入の効果測定および環境負荷低減のための環境教育プログラムの開発・効果測定に関する研究

近年、地球温暖化に都市部のヒートアイランド現象が加わり、夏の環境が悪化しています。本研究では、長岡京市の小中学校で、教室の夏季の温湿度の測定や空調機導入に関する調査を行うとともに、環境教育に関する授業を実施し、こうした取り組みが児童・生徒の環境問題への関心を高め、環境配慮行動を促進させる効果があることを見出しています。3年間のまとめとして、2011年7月には、 公開研究発表会「学校空調導入と効果測定の研究報告会」(長岡京市との包括協定連携事業および生命環境科学研究科府民還元公開研究発表会助成事業)を開催し、研究成果をひろく社会に還元しました。

松原 斎樹 Labolatory.

topへ戻る

topへ戻る