京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 生活環境科学科目群
京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン学科

オープンキャンパスのプログラム

2016年のオープンキャンパスは盛況のうちに終了致しました。
多数ご参加いただき、誠にありがとうございました。


オープンキャンパスのタイムテーブル

オープン・キャンパス参加者アンケート

昨年も多くの方々が参加してくださいました。ありがとうございました!

アンケートにご協力いただいた皆さんの声をまとめました。

模擬授業や実験室を巡って,来年,絶対にここにいてやるぞと思った。
実際,来て見てどのようなことをするのか,よくわかりました。
学科ガイダンスで具体的な話が聞けた。
学生の話が分かりやすかった。
学生同士の仲の良さが伝わってきた。
学生が楽しそう、アットホームな感じ。
学生と教員の仲が良さそう。関係が近そう。
研究室訪問が分かりやすかった。先輩方がおもしろかった。
色んな研究室を見ることができてよかった。
自然に囲まれた環境でのびのびと自分の好きなことを学んでいる。

環境デザイン学科では、毎年、夏にオープン・キャンパス、秋には流木祭キャンパス・ツアーを実施しています。
2016年度の日程
オープン・キャンパス --7月24日(日)9:30-16:00(9:00受付開始)
流木祭キャンパス・ツアー --11月5日(土)12:30-16:10(予定)

A.学科ガイダンスで概要を知ろう

学科紹介

本学科教員より、学科の概要・カリキュラムの特徴や研究分野、また卒業生の進路や資格の目指し方など、環デを知っていただくための基本について概説します。

現役学生の声が聞けるプレゼンテーション

現役の在学生が、何を学んでいるのか、どのような大学生活を過ごしているのかを紹介します。高校生のとき、何を考え、なぜ本学科を受験したのか、期待どおりの大学生活になっているのかなど、身近で具体的な話を聞くことができる、もっとも人気のあるプログラムの1つです。

*入構時に配られる整理券が必要です(9:30〜のみ)。

B.気になることは、個別に質問

受験のこと、入学してからのこと、卒業後のこと。分からずに不安に思っていることがあれば、遠慮せず教員や代表の学生に質問をぶつけましょう。

C.大学生になったつもりで模擬授業!

入学後にどんな講義を受けるのか、実際に体験することの出来るプログラムです。「どんな先生が、どんな講義を行い、何を身につけるのか」を入試前に体験できる唯一のチャンスです。今年の内容は以下の通りです。

『すまいの気候景観』(長野和雄准教授)

「浜辺に行くと、陸側に傾いた松を見かけることがあります。これは、海からの強い風を受けながら生長したためです。このような風の強いところに建つ家も、この偏形樹のように独特の形態を有していることがあります。
 気候の影響が視覚に表れた景観を気候景観といいます。本講義では、建築に見られる気候景観に着目し、その地の気候風土と建築とのかかわりを考えてみたいと思います。」

D.デザイン実習講評会・実験室ツアー

在学生の案内により製図室と実験室を見学するツアーです。製図室では先輩方の作品講評会を開催しています。設計課題や実験の楽しさや苦労話?なども聴ける貴重な機会です。

*学科受付にて配布する整理券が必要です。
整理券を持って集合場所(10:50のツアーは稲盛記念会館101、12:10のツアーは稲盛記念会館104)に集合してください。

E.研究室ツアー

本学科教員の研究室を訪ねていただき、研究内容やゼミ活動などに触れるプログラムです。こちらも在学生がツアー・リーダーとなって案内してくれますので、学生ツアー・リーダーにも色々な質問をしてみて下さい。

*学科受付にて配布する整理券が必要です。
整理券を持って集合場所(13:30のツアーは稲盛記念会館104、14:50のツアーは稲盛記念会館101)に集合してください。

なからぎ祭 キャンパス・ツアー

本学の大学祭である流木祭(なからぎさい)では、普段とは異なる授業以外の大学生活をご覧いただけます。
このお祭りにあわせて、在学生がキャンパス・ツアーを企画しています。ツアーに参加すると、本学科で何を学べるのか、どのような施設や設備があるのかなどを、在学生から聞くことができます。