宗田 好史 (YOSHIFUMI MUNETA)

教授 / 都市・建築計画学(都市計画学)

建築が好きだけど、もうちょっと広く社会や経済に関心のある人を歓迎します。
人に関心があって社会の仕組みや時代の変化が暮らしや仕事をどう変えるか、そして今後のまちづくりをどのように考えていくのかなど、そんなことを考えるのが好きな人に向いた研究室です。

研究テーマ

  1. 歴史都市の保存・再生、景観計画
  2. 市民参加のまちづくり
  3. 商業政策・観光政策

担当科目

地域・都市計画学(2年次)/ 住宅都市行政論(3年次)/ 地域文化論(3年次)/
現代京都論(2年次)/ 文化遺産学概論(文学部1年次)

所属学会等

日本都市計画学会
日本不動産学会

国際記念物遺産会議日本委員会理事/ 京都市景観審査会委員/ 社会資本整備審議会専門委員

主な著書・論文・作品等

  1. 『中心市街地の創造力-暮らしの変化をとらえた再生への道』(学芸出版社、2007年)
  2. 『町家再生の論理-創造的まちづくりへの方途』(学芸出版社、2009年)
  3. 『創造都市のための観光振興-小さなビジネスを育てるまちづくり』(学芸出版社、2009年)

経歴

法政大学工学部建築学科卒業、同大学院修士課程修了、
イタリア、ピサ大学及びローマ大学大学院都市・地域計画学専攻、
イタリア地中海地域経済研究所研究員
京都大学工学博士
国際連合地域開発センター主任研究員
東京文化財研究所客員研究員
国立民族学博物館共同研究員