内田 保博 (YASUHIRO UCHIDA)

教授 / 建築構造・材料生産学(建築構造学)
教員ウェブサイト

建築物は地震や台風等の自然災害に対して、壊れないように作られて、人命や財産を守る役目があります。 そのためには、建築構造が安全で優れた性能を持つように、設計・施工されなければなりません。
本研究室では、建築構造および耐震設計に関する教育,研究を行っています。

研究テーマ

  1. RC柱,SRC柱の終局せん断耐力および崩壊性状に関する研究
  2. 繰返し水平力を受ける鋼骨組の変形能力に関する研究
  3. 木質・鋼合成梁の終局曲げ耐力に関する研究

担当科目

論文講読法Ⅰ(1年次)/ 構造力学Ⅱ(3年次)/ 建築構造実験および同実験法(3年次)
鋼構造(3年次)/ 鉄筋コンクリート構造(3年次)

所属学会等

日本建築学会(SRC規準改定小委員会委員)
日本鋼構造協会
日本コンクリート工学協会
日本地震学会
ASCCS 

主な著書・論文・作品等

  1. 建築の構造・ヴィジュアル版建築入門3,彰国社,2003
  2. せん断破壊を生じるSRC柱およびRC柱の崩壊判定に関する研究,日本建築学会構造系論文集,
    第577号,2004,pp.123-130
  3. 水平2方向入力を受けるH形鋼柱の動的応答と変形累積の収束・発散の予測に関する研究,
    日本建築学会構造系論文集,第642号,2009, pp.1503-1511

経歴

1976年3月 九州大学工学部建築学科卒業
1978年3月 九州大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了
1984年3月 九州大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了,工学博士
1984年4月 三重大学工学部助手
1988年4月 鹿児島大学工学部助教授
2006年4月 京都府立大学人間環境学部教授