京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 環境科学専攻 生活環境科学科目群
京都府立大学 生命環境学部 環境デザイン学科

環境デザイン学科の特徴

少人数制を活かした丁寧な教育により,専門知識,創造力,俯瞰力,判断力を鍛え,次のような専門的職業人を養成しています。

  • 人と環境にやさしい生活環境・生活様式をデザインできる人。
  • 自然科学および人文・社会科学の両方に優れ,それらを応用して,建築・都市・地域の創造や生活環境問題の解決に資する能力を備えた人。
  • 文章・図面・模型などを利用したプレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力に優れた人。

 本学科には、史的住環境学,建築意匠学,都市計画学,建築計画学,建築環境工学,建築設備学,建築構造学,木質構造・材料生産学,住生活学,居住システム計画学,インテリア計画学,インテリアプロダクト学,循環型社会論,生活文化・生活美学,ランドスケープ学の専門分野があります。生活環境や生活空間に関わるこれらの専門分野を有機的に統合することで,インテリアから住宅・建築・都市・地域に至る幅広い生活環境の創造に寄与する教育を行っています。

 

選べる2コース制

幅広い教育研究領域を基にしたカリキュラム構成により,建築業界でより専門的な職務に就くことを想定した「住環境・建築コース」と,住居学・建築学を基礎的素養として修得したうえで,インテリアやプロダクト,都市緑化や造園など,生活環境,生活空間に関わる多彩な分野で活躍する「生活デザイン・ランドスケープコース」の2つの専門コースがあります。2回生前期に、各自の判断によりどちらかのコースを選択します。

環境デザイン学科は、生活者の視点を重視した環境デザイン教育を行っています。住居・建築学を基盤として展開される,生活環境や生活空間に関わる専門性の高い技術教育を軸に,ランドスケープデザイン,プロダクトデザイン,生活美学などを包摂することで,その専門領域を拡充し,学生の多様なニーズにこたえています。